城泉寺は、県内最古の木造建築

城泉寺(浄心寺)阿弥陀堂

鎌倉時代の初め(1222~1224年)、この地方を支配していた豪族が自らの極楽往生を願って建立したとされるお寺。

にある城泉寺は、4件の国指定重要文化財を持つ“奥球磨の至宝”で、浄心が創建したとされています。
この浄心がどういう人だったのかは、未だ謎につつまれています。

江戸時代までは真言宗のお寺として住職もいたと記録が残っていますが、明治元年に廃寺となりました。
大正4年の仏像国宝指定の際、誤記されたことから『城泉寺』と記されるようになりました。
県内最古の木造建築です。

城泉寺

城泉寺


七重・九重石塔(国指定重要文化財)

境内には七重・九重・十三重の石塔があり、こちらも国指定重要文化財です。

時代:延徳二年(1490年)

城泉寺 七重・九重石塔(国指定重要文化財)


木造阿弥陀如来及び両脇侍像(国指定重要文化財)

三尊とも檜材の寄木造で、中央に主尊の阿弥陀如来、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩を配します。
観音菩薩像に墨書があり、寛喜元年(1229年)の作であることがわかります。県内の鎌倉彫刻を代表する優れた仏像で、細部に中国宋の絵画の影響があるといわれており、慶派仏師の作と思われます。国指定重要文化財です。

城泉寺 木造阿弥陀如来及び両脇侍像(国指定重要文化財)


城泉寺シンポジウム (2013年10月)

&城泉寺シンポジウム

&城泉寺シンポジウム


浄心寺建替前

城泉寺シンポジウム2013

城泉寺シンポジウムの様子