八勝寺は、相撲の勝ち越しで縁起物!!

大正時代に茅葺きから瓦葺きに替えられていますが、主要部材は草創期のもの。
 
堂内に安置された桃山時代作の厨子ともに国指定重要文化財です。


八勝寺阿弥陀堂(国指定重要文化財)

裄行三間、梁間三間で近年まで茅ぶきでしたが桟瓦ぶきになり、回縁も失っています。
しかし軸部・組物等当初の形を良く保っており、貴重な中世の建造物として知られています。

時代:室町後期


木造阿弥陀如来及両脇侍像(県指定重要文化財)

三尊とも檜材の寄木造で、彫眼です。
中央の主尊阿弥陀如来は上品下生の印を結び、右手観音菩薩は、蓮華台をのせ、左手勢至菩薩は合掌しています。
両脇侍に銘があり、「久米上金」が造立したことがわかり、その頃八勝寺も再興されたのでしょう。

時代:延徳二年(1490年)


八勝寺阿弥陀堂厨子(国指定重要文化財)

厨子は、禅宗様仏壇の上に礎盤、ちまき付きの円柱を立てて貫で固めています。
頭貫の先端は禅宗様木鼻、その上に台輪、さらに詰組で禅宗様の三手先組物がのります。
屋根は入母屋造り板葺き、軒は二軒で扇垂木からなり、扉は藁座付の桟唐戸です。
また格狭間や桟唐戸に、浮彫がありますが、彩色が落ちています。
この様に八勝寺阿弥陀堂厨子は、典型的な禅宗様建築の様式を現しています。

時代:室町後期

八勝寺